人間はどうやって太るの?

未分類

この章では、「ダイエット効果を高めるための様々なテクニック」をご紹介します。
その前に、1つ質問です。そもそも、人間はどのようにして太るのでしょうか?
そのメカニズムについて、ご存知ですか?そのメカニズムを理解していただくために、「脂肪細胞」について、簡単に説明をしておきましょう。
脂肪細胞は、食べ物を食べたあとの余剰エネルギーを、「中性脂肪」という形で溜め込みます。これを必要に応じて分解し、全身に供給します。ちなみに、「中性脂肪」が溜まるメカニズムについては、3ページで説明をさせていただいたとおりです。
これまで脂肪細胞は、乳幼児期や思春期にしか増加せず、その時期に生涯の数が決定されると考えられてきました。

しかし最近の研究で、成人になっても、脂肪細胞の数が増加することが分かってきました。
脂肪細胞の数は、普通の人で約300億個、肥満者の場合は400~600億個に達すると言われています。

なぜ、脂肪細胞が増えてしまうのでしょうか?その理由は言うまでもなく、「食べ過ぎ」や「運動不足」などです。
食べ過ぎや運動不足が原因で、脂肪細胞が肥大化します。
しかし、その大きさには限界があります。大きさが限界を超えると、脂肪細胞の数がどんどん増えていくことになる。
では、ここで質問です。ダイエットというと、彫刻のように割れた「腹筋」をイメージする方も多いと思いますが、腹筋運動は、はたしてダイエットに効果があるのでしょうか?
答えは「NO」です。なぜなら、先ほど説明をしたとおり、白色脂肪細胞の働きは、エネルギーを溜め込むことであって、エネルギーを使うようにできていないからです。

「彫刻のように割れた腹筋」を作る方法

少し話がそれてしまいますが、腹筋の話が出ましたので、ここで「彫刻のように割れた腹筋」について、一言述べておきましょう。

よりよく痩せるための方法

たしかに食べる時間を変えるだけで痩せることは可能です。しかし体重の減少スピードには限度があります。より早く痩せたいのならリポクライセルと言うサプリが大事。リポクライセルの口コミを調べると、確かに多くの人がリポクライセルで痩せている様子。私も3ヶ月前から飲み始めて体重が10キロ落ちました。

コメント