「炭水化物」=「糖質」は誤解

未分類

「食事制限」というと、ここ数年、「炭水化物を抜くダイエット」がメディアで取り上げられています。一部の商業ダイエット・プログラムなどでも、好んで採用されているようです。
なぜ、炭水化物を抜くと、ヤセるのでしょうか?そして、炭水化物を抜くダイエットは、本当に効果があるのでしょうか?
その点について、解説したいと思います。
炭水化物に含まれる「糖質」は、体を動かしたり、脳のエネルギー源となったりする重要な栄養素です。よく「炭水化物」=「糖質」と誤解している方が多いのですが、炭水化物の正しい定義は、以下のとおりです。

「炭水化物」=「糖質」+「食物繊維」

「炭水化物」=「糖質」ではないので、誤解しないようにしてください。ですから、炭水化物というのは、糖質だけでなく、食物繊維も含まれる「お
米」「パン」「パスタ」「バナナ」などになります。

例えば、あなたがパンを食べたとしましょう。パンに含まれる「糖質」は「ブドウ糖」に分解され、小腸から吸収されます。
そして、血液の中を「血糖」として流れるようになります。この血糖の濃度のことを、「血糖値」といいます。
あなたが食べ物を食べ、消化吸収されると、血糖値が上がりますが、その際に膵臓から分泌されるのが、「インスリン」というホルモンです。
血糖値が上がりすぎてしまうと、血管がダメージを受けたり、末梢神経に影響を与えたりします。
そのため、脾臓からインスリンが分泌されて、血糖を他に回すことで、血糖値を下げるのです。では、インスリンは、血糖をどこに運ぶのでしょうか?
それは、筋肉や肝臓です。インスリンの働きは、「血糖」を「グリコーゲン」に変えて、肝臓や筋肉に蓄えることです。血糖を、肝臓や筋肉に運ぶことで、血糖値を下げるのです。では、なぜ、肝臓や筋肉にグリコーゲンを蓄えなければならないのでしょうか?
それは、人間が生きていくために、「ブドウ糖」が必要不可欠だからです。いざという時にブドウ糖が不足しないように、肝臓や筋肉に常に蓄えておくようにしているのです。

ここで問題になるのは、筋肉や肝臓に蓄えておける量を超えた糖質が、体内に入ってきた時です。その場合は、いったいどうするのでしょうか?
この時、余ったブドウ糖は「中性脂肪」に作り替えられ、「脂肪細胞」に貯蔵されることになります。いざブドウ糖が不足した場合に、細胞から脂肪を取り出し、エネルギー源とするのです。

「ブドウ糖が不足した場合は、細胞から脂肪を取り出して、エネルギー源にするんですよね?だったら、ブドウ糖、つまり糖質をできるかぎり摂らないようにすれば、脂肪がエネルギー源になって、どんどん燃焼するから、ヤセるんじゃないですか?」
まさに、そのとおりです。そして、その考え方こそが、「炭水化物を抜けばヤセる」という理論の源なのです。

マジカルボディスリマーで着るだけダイエット

「服を着るだけで痩せられる」そんなことがあれば、簡単には信用できませんよね。しかし今回ばかりは信用して欲しいんです。その服とは、マジカルボディスリマーです。 着るだけダイエットのマジカルボディスリマーには、加圧がかかる仕組みが採用されています。この締め付けが体の代謝を上げる効果があるんです。代謝が上がればカロリーも減る、すなわち痩せるんですね♪

コメント